公園紹介

東京23区の中央からやや北東寄りに位置する台東区。東側を隅田川が流れ、対岸の墨田区との区境となっています。また、区の南端で、隅田川との合流点付近の神田川に接することも特徴です。

江戸時代を通じて、東京で最も古い市街地のひとつとして知られており、浅草にある浅草寺は建立1400年の長い歴史を持つ、日本を代表する由緒正しき寺院。江戸時代は、元禄文化と呼ばれる町民文化が息づき、明治期以降は美術館、博物館が建築され、東京芸術大学などアートの発信地としても著名な存在です。1923年(大正12年)に起きた関東大震災や第二次大戦でも焼け残った浅草橋界隈の問屋街などは、いまだ大正、昭和初期の粋な街並みや風情が残っているため、日本の歴史を担う貴重な街としても知られています。

区の面積は23区の中で最も狭く、全般的に文化と商業の街としての要素が強いです。また、近年では古都保存財団が選定する『美しい日本の歴史的風土100選』において、次世代に残す美しい日本の歴史的風土が良好に保存されている全国の事例のひとつとして、寛永寺、上野公園周辺、谷中の街並みが選ばれました。 現在、国立西洋美術館などを世界遺産登録することを目指しています。東京国立博物館表慶館、東京国立博物館など、国の重要文化財が多い由緒ある区です。

文化的要素の強い台東区の公園は、区の面積が狭いこともあり大規模のものが目立つのみですが、規模が大きく一日で回りきれないものもあるほど。代表的な公園として、上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)、蔵前公園が挙げられます。

上野恩賜公園
上野恩賜公園(東京都台東区)

台東区上野にある、桜と不忍池(しのばずのいけ)で知られ文化の森とも呼ばれている公園で、通称は上野公園と言われています。公園内には東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館、恩賜上野動物園など多くの文化施設のほか、彫刻家高村光雲作の西郷隆盛像などがあります。

蔵前公園
蔵前公園(東京都台東区)

東京都台東区にある蔵前公園(くらまえこうえん)は蔵前中央町会、元蔵三町会が自主管理する公園です。木々の緑や芝生広場、花壇など緑豊かな公園です。遊具などの設置はありません。