公園紹介
浅草寺
浅草寺(東京都台東区)

東京都台東区にある浅草寺(せんそうじ)は東京都内最古の寺であり雷門や仲見世通りなど観光名所としても有名なスポットで、海外からの観光客も多く、広く親しまれております。浅草寺は浅草観音の名称で親しまれており年間約3,000万人もの参詣者がおとずれます。

浅草文化観光センター
浅草文化観光センター(東京都台東区)

東京都台東区にある浅草文化観光センターは1階に案内カウンター、チケット販売、外貨両替所、7階には東京スカイツリーのビューポイントなどをパネルで紹介する展示スペース、8階には無料で利用可能な展望テラスや浅草展望カフェでは浅草サンデーやアルコール類が楽しめます。

神谷バー
神谷バー(東京都台東区)

神谷バーは創業明治13年、日本最初のバーです。現在は1階が昔ながらの下町情緒を味わえる「神谷バー」、2階がファミリーやグループで楽しめる「レストランカミヤ」、3階が静かで落ち着いた雰囲気の和風レストラン「割烹神谷」となっております。本館の建物は2011年に国の登録有形文化財に登録されております。

ホテル雷門
ホテル雷門(東京都台東区)

東京都台東区にあるホテル雷門(ほてるかみなりもん)は浅草寺の総門である雷門に隣接するホテルで、浅草の観光やビジネスマンの拠点として利用されている好立地にあるホテルです。一部の客室からは東京スカイツリーを見ることが出来ます。

浅草ビューホテル
浅草ビューホテル(東京都台東区)

浅草ビューホテルは東京スカイツリーフレンドシップに認定されたホテルで浅草観光の拠点として、隅田川花火大会や東京スカイツリーのビュースポットとしても人気の高いホテルです。スカイグリルブッフェ&バー「武蔵」からは天空にそびえ立つ東京スカイツリーの景観を眺めながらの飲食を楽しむことが出来ます。

浅草花やしき
浅草花やしき(東京都台東区)

東京都台東区にある浅草花やしき(あさくさはなやしき)は江戸時代末期1853年に花園「花屋敷」として誕生した歴史あるスポットです。明治時代になると遊具が設置され、昭和28年には日本初の国産コースターが誕生し、昭和35年には浅草一の高さの人工衛星塔が誕生しております。

雷門
雷門(東京都台東区)

東京都台東区にある浅草寺(せんそうじ)雷門は浅草寺表参道入口の門で仲見世、宝蔵門、浅草寺本堂に続く浅草寺の表玄関となっており、浅草の名所としても知名度の高いスポットとなっております。正式な名称は風雷神門(ふうらいじんもん)で、門にむかって右手に風神、左手に雷神の像が浅草寺の護法善神として配されております。

仲見世通り
仲見世通り(東京都台東区)

東京都台東区にある浅草寺(せんそうじ)仲見世はお土産屋さんや甘味処、衣装屋さん等、東側に54店、西側に35店、合計89店の店舗があり、長さは約250メートル渡って続く商店街です。各種名店や老舗が軒を並べ、おいしいお団子やようかん、雷おこし、人形焼などを楽しむこともできます。

仲見世通り
浅草演芸ホール(東京都台東区)

東京都台東区にある浅草演芸ホール(あさくさえんげいほーる)は池袋演芸場、鈴本演芸場、新宿末廣亭を含め都内に4軒ある落語定席の一つで、落語を中心として手品や漫才などを楽しむことが出来る歓楽街の中心に位置する寄席です。



おすすめ観光スポット
東京スカイツリー
東京スカイツリー(東京都墨田区)

東京都墨田区にある東京スカイツリー(とうきょうすかいつりー)は完成時の高さが634mとなり自立式電波塔として世界一となります。工事着工は2008年7月で完成は2012年2月末日の予定となっており、2012年5月22日に開業が予定されております。